出産後に体重増加?産後太りの本当の理由とは

出産後、妊娠前と比べて体重増加している、体型が元に戻らない、という人は「産後太り」の可能性があります。
産後太りになってしまう理由の一つは、生活習慣の変化です。赤ちゃんは大人と違って、睡眠は細切れで、オムツや授乳等、何かとお世話が必要です。そのため、食事や睡眠時間が一定でなくなる事が多くなってしまいます。このような不規則な生活が原因で、体に脂肪を溜め込みやすくなってしまいます。
もう一つの理由は、出産によって骨盤に歪みや緩みが生じてしまう事です。体が出産の準備に入ると、産道を広げるため、骨盤と恥骨が拡がります。出産を終えると、開いた骨盤は時間をかけて戻っていきます。しかし、骨盤が拡がりすぎてしまっている、元に戻るのに必要な骨盤周りの筋力が足りない、元の形とは違う形に戻ってしまった、等の理由で骨盤の歪みや緩みが現れる事があります。骨盤が歪んでいると、内臓が下がり、下腹が出るなどといった体型の変化や、代謝の低下を引き起こしてしまいます。これが産後太りに繋がるのです。

HEXISなら生活習慣から変えていく。
食事、運動、睡眠、姿勢、呼吸、ストレス、モチベーション、内臓、セルフ整体、タイムマネジメントを中心に、
なぜ、太ったのか?痩せにくいのか?を科学的側面、心理的側面からもサポートしてくれるので是非、活用したいですね
hexis